PR

引越しに便利!ニトリでの段ボール入手方法とその注意点

生活

ニトリでは無料で段ボールを手に入れることが可能なのでしょうか?引越し時などに必要になった際、ニトリが提供してくれると非常に便利ですね。

本記事では、ニトリでの無料段ボールの提供、購入方法、他に無料で入手可能な場所、無料段ボールのデメリット、引越し用段ボールの入手方法、選び方、処分方法について解説します。

ちなみに、もし新しい段ボールが必要であれば、オンラインでの購入がおすすめです。ダンボールカッターを持っていると更に便利なので、一緒に検討する価値があります。

ニトリで無料段ボールは入手できるのか?

ニトリでは、お客様が再利用する目的で、無料で段ボールを提供しています。これには、配送や店頭展示で使用された後の段ボールが含まれます。主に、レジの周辺や店舗入口に設置されていることが多いです。

ただし、店舗によっては持ち帰り可能な場所とそうでない場所があるため、事前にスタッフへの確認が推奨されます。段ボールの場所が分からない時でも、スタッフに尋ねれば入手できることもあります。

ニトリでは様々なサイズの商品がありますから、必要なサイズの段ボールを見つけられる可能性があります。

ニトリで段ボールを購入する方法

ニトリの店舗では直接段ボールの販売はしていないのですが、ニトリの公式オンラインストアを通じて購入が可能です。販売されているサイズはS、M、Lの3種類で、10枚セットまたは20枚セットで選択できます。ニトリのウェブサイトに掲載されている価格は以下の通りです:

10枚セットでは、Sサイズが1,980円、Mサイズが2,490円、Lサイズが2,990円。

20枚セットでは、Sサイズが3,978円、Mサイズが4,980円、Lサイズが5,980円です。

ニトリ以外でも段ボールが必要なら、様々なオンラインショップで見つかります。オンライン購入のメリットは店舗に足を運ばなくても良いことですが、予想以上に費用が掛かる場合があります。

ニトリ以外で無料段ボールをゲットするコツ

ニトリ以外でも、無料で段ボールを提供している場所は多数あります。ホームセンター、ドンキホーテ、ドラッグストア、家電量販店、スーパーマーケット、ショッピングモール、100円ショップなどがその例です。

特に大きいサイズの段ボールが必要な場合は、これらの場所で確認することをおすすめします。

地元ホームセンターで段ボールをゲット

全国のホームセンターでは、お客様に無料で段ボールを提供しています。カインズやコーナンなどのチェーンでは、段ボールや古紙を持ち込むことでポイントをもらえるプログラムを実施している店舗もあります

不要になった段ボールを持ち込んでリサイクルすることで、ポイントを獲得できるのは非常に魅力的です。

ドン・キホーテで無料で段ボールを

ドン・キホーテでは、お客様が無料で段ボールを手に入れることができます。主にレジの周辺に置かれていますが、もし見つからなければ、店員さんに問い合わせてみましょう。

ドラッグストアから段ボールを

ウェルシアをはじめとするドラッグストアも、無料で段ボールを提供しています。ドラッグストアの商品は軽いものが多いため、段ボールの強度はそこまで高くありませんが、大きな箱が必要な場合にはドラッグストアが適しているでしょう

家電量販店の段ボール

家電量販店では、大型で重たい商品が多いため、提供される段ボールは強度が高く大きなサイズが中心です。商品が箱に入って販売されているため、利用できる段ボールの数には限りがありますが、展示品の箱などが利用できることもあるので、必要な場合はスタッフに相談してみるといいでしょう。

スーパーマーケットで見つける段ボール

駐車場を完備しているスーパーマーケットでは、購入した商品を車へ運ぶ際に便利な段ボールがたくさん用意されています。レジの近くに無料で利用できる段ボールが置かれており、ほとんどの場合、特に許可を得ることなく自由に持ち帰ることができます。

ただし、野菜や果物が入っていた箱は衛生面で避けたほうがいいでしょう。飲み物やスナック、調味料が入っていた箱は丈夫で扱いやすいサイズで、特におすすめです。

大型ショッピングセンターで段ボールを探す

多くの店舗が入っている大型ショッピングセンターでは、様々なサイズの段ボールを見つけることができますが、スーパーマーケットやニトリのように簡単に持ち帰れる設置場所があるわけではありません。

段ボールが必要な場合は、サービスカウンターで聞いたり、事前に電話で問い合わせるといいでしょう。

100円ショップで段ボールをもらう

100円ショップでは、商品運搬に使用された段ボールが豊富にあります。店によってはレジのそばに置かれていることもありますが、大部分は倉庫に保管されています。

軽量商品用の段ボールのため強度はそこまで強くないかもしれませんが、無料で提供される場合、店舗への迷惑を考えて行動しましょう。混雑している時間帯は避けて、他の顧客に迷惑がかからないよう配慮し、必要な分だけ持ち帰るようにしましょう。

無料で段ボールを手に入れる際のポイント

無料で提供される段ボールには、考えておくべきいくつかのポイントがあります。特に、段ボールの汚れや臭いが気になることや、店員に声をかけることへの抵抗感を持つ人もいます。

コスト削減のために無料で段ボールを利用することは良い方法ですが、これらの懸念事項が気になる方もいるでしょう。

汚れや臭いへの注意

段ボールは通常、商品を保護する目的で使用されていますが、どのような条件下で保管されたり、運ばれたりしているのかは不明な場合が多いです。そのため、段ボールが汚れていたり、湿気で臭いがついていることもあります。

レジ付近に置かれている段ボールは比較的状態が良いことが多いので、持ち帰る前にはその強度や清潔さをチェックすることが重要です。

店員に声をかけることへの躊躇

多くの店舗では、「段ボールがほしい」と伝えれば、快く提供してくれることが一般的です。しかし、店舗が忙しい時や、特定の状況では、要望が面倒と受け取られる可能性もあります。

店員に直接声をかけることに抵抗がある場合は、オンラインでの購入が一つの解決策です。この方法なら、新品で清潔な段ボールを手に入れることができ、汚れや臭いを気にすることもありません。

引越し用無料段ボールの入手方法とコツ

引越しの際に必要な多くの段ボールを、選んだ引越し業者が無料で提供してくれることがあります。ただし、提供される段ボールの数には限りがあるため、大手引越し業者でも最大で50箱までという制限が一般的です。

引越し業者によっては、食器や衣類専用の特別な梱包資材やハンガーボックスの貸し出しもあり、これらを活用することで必要な段ボールの数を減らすことができます。大手以外の業者を使う場合や、自分で引越しをする場合は、提供される無料段ボールをできるだけ多く利用すると良いでしょう。

引越しに適した段ボールの選び方

引越しでの段ボールは、量だけではなくサイズ選びも重要です。大き過ぎる箱に物を詰めすぎると、持ち運びが困難になったり、箱が壊れるリスクが高まります。

引越し会社が提供する段ボールの一般的なサイズは、小さいサイズ(S)は約35cm×35cm×35cm、中サイズ(M)は約35cm×50cm×35cmです。重たくなりがちなものは、小さめの箱に入れることが推奨され、これにより運びやすく、物も安全に運べます。

段ボールの正しい処分方法

引越し後に余った大量の段ボールの処分に困った経験はありませんか?自治体の資源ごみ回収サービスやホームセンター、大型ショッピングセンターの回収ステーションなど、利用できるオプションがあります。

引越し業者によっては、使用後の段ボールを無料で回収してくれるサービスが提供されていることもあるので、引越し後やその他の理由で大量の段ボールがある場合は、次の情報を参考にしてみてください。

自治体による資源ごみ回収

自分が住む地域の資源ごみ回収日を調べましょう。出す方法や回収場所は地域によって異なるため、事前にチェックすることが大切です。また、資源ごみの回収日は通常のごみ回収日とは異なる場合が多く、自治体からの通知や回覧板で日程が案内されます。

ホームセンターとショッピングセンターの回収サービス

ホームセンターや大型ショッピングセンターの一部には、段ボールや古紙の回収ボックスが設置されていることがあります。営業時間内であればいつでも利用できますが、地域住民全員が使えるサービスのため、過度な利用は控え、利用規約を守って使いましょう。

イオンのリサイクルボックス利用

イオンやマックスバリューなどにも、古紙や段ボールを受け入れてくれるリサイクルボックスがあり、ポイントがもらえるお得な制度を提供している場合があります。ただし、このサービスがすべての店舗で実施されているわけではないので、利用前に店舗で確認を取ることが重要です。

ニトリの家具組み立てサービスと段ボール回収について

ニトリでは、家具の組み立てサービスを利用した際に、購入した商品の段ボールや梱包材の回収を行ってくれます。ただし、この回収サービスは組み立てサービスで購入した商品に限られており、それ以外の段ボールは回収していません

段ボールの回収を希望する場合は、事前に店舗のサービスを確認するか、近くの店舗でリサイクルボックスがないか調べてみるといいでしょう。

無料で段ボールを手に入れる方法とその後の処分について

この記事では、ニトリで無料で段ボールを手に入れる方法や引越し時に役立つ活用法、さらに段ボールの回収オプションについて紹介しました。

ニトリではお客様が無料で段ボールを手に入れられるようにしており、これらは一般的にレジ周辺や店舗の入口に置かれています。直接店舗での販売はありませんが、ニトリのオンラインストアで購入することが可能です。

また、ニトリ以外にもホームセンター、ドンキホーテ、ドラッグストア、家電量販店、スーパーマーケット、ショッピングセンター、100円ショップなどで無料で段ボールを提供しています。

引越しをする際には引越し業者からも無料で段ボールを提供してもらえることがありますが、その数には限りがあります。

使い終わった段ボールの処分方法としては、地方自治体の資源ゴミ回収日やホームセンター、イオンの回収ボックスを利用する方法があります。

コストを削減し、環境保護にも貢献するために、無料で段ボールを入手してリサイクルすることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました