PR

油性マーカーの跡を様々な表面から取り除く方法

お役立ち

時には友人同士のじゃれ合いや、子供たちの好奇心が原因で、思わぬ場所に油性マーカーでの落書きが発生することがあります。対象となるのは、人の肌や床、デスク、カーテンといった布製品、その他の物品です。

子供たちの探求心は価値あるものですが、その結果の落書きを消すのは一苦労です。本記事では、それぞれの状況に合わせた油性マーカーの除去方法を詳しく解説します。

肌に付いた油性マーカーの除去方法

①オイルによる拭き取り

キッチンにあるサラダ油やスキンケア用品(日焼け止め、ハンドクリームなど)を使用し、油性マーカーがついた肌に塗布した後、ティッシュで拭き取る方法です。この方法は広く用いられていますが、完全にインクを落とすには効果が限定的なこともあります。

②口紅を使ったクレンジング

口紅に含まれる乳化剤を活用する方法で、この方法はテレビ番組「伊東家の食卓」で紹介されたことがあります。乳化剤が油性マーカーのインクを肌の表面から浮かせて、簡単に拭き取れるようにします。インクがついた部分に口紅を塗り、その後ティッシュで拭き取ります。

③研磨剤を含む製品での除去

マッチの頭部や歯磨き粉に含まれる研磨剤を使って、油性マーカーのインクを肌から取り除きます。使い方は、マッチの頭部を水に浸し、その後インクがついた部分を擦り、湿ったティッシュで拭き取ります。

布製品から油性マーカーを取り除く方法

①消毒用エタノールを使用した洗浄法

布や衣類に油性マーカーのインクが付着してしまった場合、消毒用エタノールが非常に効果的です。この方法を行う際には、まずは不要な布を二枚用意し、インクが付いた部分を挟み込みます。

次に、エタノールをその部分に充分に染み込ませ、布を使って軽く叩きながらインクを押し出すようにします。この作業をインクが見えなくなるまで繰り返し行い、インクが完全に消えたら最後に通常の方法で洗濯してください。

家具や床に付いた油性マーカーの除去テクニック

①ラッカーシンナーを用いた除去方法

床や机、その他の家具に油性マーカーのインクが付着した際は、ラッカーシンナーが効果的です。使用する前には、その強い臭いに注意し、適切に換気を行うことが大切です。ラッカーシンナーをインクが付いた箇所に塗布し、その後雑巾で丁寧に拭き取ります。

②タバコの灰を使った除去法

ラッカーシンナーが使用できない場合は、タバコの灰を活用する方法もあります。まず、湿らせた雑巾にタバコの灰をつけ、インクが付着している部分を力強くこすります。こすり終わった後は、別の雑巾を用いて残った汚れを拭き取って完成です。

SNSで話題の油性マーカー対策法

肌や布、床に油性ペンの跡が付いたとき、単純な洗浄やこすり洗いでは完全には落ちにくいです。そこで、SNS上で共有されている油性ペンの跡を効果的に取り除く方法についてご紹介します。様々な表面での実践例がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

実践例:

ある人は服についた油性マーカーのインクを除光液で取り除こうと試みました。具体的には、インクの染みに除光液を塗り、軽く叩いてみたそうです。しかし、予想外の結果に。インクは薄まるどころか、叩いた影響でさらに広がってしまい、染みが拡大してしまいました。

その後、その染みを落とすために専用洗濯洗剤を使用したものの、効果は限定的で、新たな染みが形成され、扱いがより困難になりました。結果的に、除光液も専用洗剤も期待した効果は得られませんでした。

サラダ油で手についた油性インクを薄めた後、除光液で洗いましたが、インクは完全には消えませんでした。このユーザーはクレンジング、日焼け止め、アルコールジェル、除光液などさまざまな方法を試みましたが、どれも十分な効果は得られませんでした。

最終的に、食用洗剤と食器洗いスポンジの硬い面を使い何度も擦ったものの、インクはまだ薄く残っており、さらに強く擦ると肌を傷める恐れがあるため、これ以上の処理は避けるべきです。

油性ペンは手や床、布に付くと除去が困難です。皮膚に付着した場合は時間が経てば自然に薄れることがありますが、布製品からインクを完全に落とすのはほぼ不可能です。特に白い布や衣類では、元の白さを完全に取り戻すことは難しいです。

壁やフローリングの場合も素材によってインクの落ちやすさが異なり、一度の処理では完全には消えず、何度か試すうちに徐々に薄くなるのが一般的です。

新発見!油性ペンを落とす意外な方法

最近、あまり知られていない油性ペンの落とし方を発見しました!特に注目すべきは、手指用消毒ジェルを使う方法です。

一般的に布についた油性ペンの染みにはエタノールが推奨されていますが、エタノールを含むハンドジェルをティッシュペーパーに染み込ませて拭き取ることで、インクが効果的に除去できることが分かりました。

ただし、どのタイプの布に効果的かは確認が必要です。また、ウェットティッシュを使った場合、アルコール濃度が低いために効果が薄れることもあります。

さらに、フローリングについた油性ペンの跡をレモンのアロマオイルで拭き取る方法も非常に効果があると報告されています。

レモンアロマオイルには石油系化学物質を分解する効果があるため、これを使うと驚くほど綺麗にインクを除去できます。このアロマオイルの清掃効果はまだ広くは知られていないかもしれません。

油性ペンが落ちにくい科学的な理由

油性インクは石油系成分を含むため、非常に落ちにくい特性を持っています。このタイプのインクは基本的に有機溶剤と着色料が混ざった油で構成されており、水で洗い流すことはできません。油性ペンの樹脂や定着剤がインクを素材にしっかりと固定させる役割を果たします。

定着剤は接着剤のように機能し、油性染料と組み合わされることで、一度付着すると非常に除去が難しいインクを形成します。さらに、この染料は素材の奥深くに浸透しやすいため、通常の清掃方法では除去が困難です。

油性インクが比較的消えやすい素材としてはビニール、木材、プラスチック、ホワイトボードなどがありますが、これも素材の特性に依存します。

特に注意が必要なのは革製品や石、レンガなどで、これらの素材にはインクが深く定着しやすいです。しかし、ガラスや磁器などは比較的簡単に綺麗にすることが可能です。

まとめ

それぞれの素材に最適なインク除去方法を把握することが大切です。このような知識は学んでおくと、日常生活で非常に役立ちます。万が一、油性ペンを落としたい場面に遭遇したら、この記事を参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました