PR

頭に残る読書法!効率的に学べる12のテクニック

読書

多くの人が読書の際、ページをめくるのが遅いとか、内容がすぐに頭から飛んでしまうと感じているかもしれません。しかし、これは単に適切な読み方を知らないだけかもしれません。

読書のテクニックを身につけることで、速読が可能となり、情報の理解もスムーズに進むようになります。本記事では、読書をもっと楽しく、もっと効率的にするための12のテクニックをご紹介します。

読書スキルの向上

どのようなスキルも、初心者から始めて徐々に上達していくものです。絵を描くことやスポーツも例外ではありません。

読書もまた、ただ文字を追うだけでなく、特定のスキルが必要とされます。効果的な読書法を学べば、読書の質は格段に向上します。以下、効率的な読書のための12の方法を紹介します。

  • 初心者向けの簡単な本から始める
  • 興味のあるジャンルを選ぶ
  • 毎日一定の時間を読書にあてる
  • 自分で本を購入する
  • 全部を読み終える必要はない
  • 読む目的を明確にする
  • マーカーや付箋を活用する
  • 読書中にメモを取る
  • 音楽を聴きながら読む
  • 快適な読書環境を整える
  • 学んだ内容を他人に説明する
  • 同じテーマの本を連続して読む

これらのテクニックを詳しく解説していきます。

読書初心者におすすめの本の選び方

様々な種類の本がありますが、読書を始めたばかりの方は、まずは読みやすい本から手をつけることをお勧めします。大衆向けでエンターテインメント性の高い本や、映画やドラマになった作品は、ストーリーが想像しやすく、読みやすいです。

一方で、森鴎外や芥川龍之介などの文豪の作品や、外国語からの翻訳本は、独特の文体で読みづらいことがあります。しかし、夏目漱石のように比較的読みやすい文豪もいます。翻訳本もスタイルによっては読みにくいものの、自分に合った作家を見つけることで、読書の楽しみが見つかります。

得意なジャンルから読書を始める

ミステリーや恋愛、青春、SFなど、読書には様々なジャンルが存在します。それぞれに独特の魅力があり、自分の興味を引くジャンルを見つけることで、読書がより楽しくなります。好きなジャンルの本を積極的に読むことで、読書能力も向上し、さらに読書の幅が広がるでしょう。

定期的な読書で習慣を築く

読書を気まぐれに行うと継続が困難になるため、毎日一定の時間を読書に割り当てることがおすすめです。例えば、学生の頃に実践していた朝の読書時間などが効果的です。この方法は、日々少しずつ読むことで、長い目で見ると多くの本を読むことができます

読書の時間としては、通勤や就寝前の隙間時間を利用すると良いでしょう。私自身も忙しい中、毎日15分だけは読書するようにしていますが、これが意外と多くの本を読むきっかけになっています。読書は習慣化することが重要です。

自分で購入した本のメリット

図書館や友人から本を借りることもできますが、自分で購入すると特別な利点があります。自分のお金を使って本を買うと、その本に対する責任感や学びへの意欲が増すため、内容を深く理解しようという気持ちが強まります。

無料で手に入れた本は気軽に読むことができますが、その分、深く学ぶ意欲が低下することもあります。購入した本は、自由に書き込みができるほか、いつでも読み返すことが可能です。興味がある本は新品でも中古でも構わないので、購入してみると良いでしょう。

全ての本を読み切る必要はない

購入した本が自分に合わないこともしばしばあります。私も多くの本を読む一方で、合わない本と出会うことがよくあります。

無理に本を最後まで読む必要はありません。退屈な本を無理に読み続けると、読書そのものが苦痛になってしまいます。本を隅々まで読むことに重きを置く人ほど、合わない本に囚われがちですが、合わないと感じたらすぐに次の本へと移ることが大切です。

目次を使って読書の目的を明確にする

読書を始める前に、目次を確認することはとても重要です。目次を見ることで、本の全体構造を理解し、作者が何を伝えたいのかのヒントを得ることができます。

各セクションがどのような情報を含んでいるのかを想像しながら目次を読み進め、その内容を具体的に知るために本を読むと、より目的意識を持って情報を吸収することができます。

付箋を上手に活用する

書籍に付箋を利用するのは、効果的な読書法の一つです。付箋を使って重要なポイントや個人的な感想をマークすることで、情報を整理しやすくなります。これにより、後で必要な部分をすぐに参照できるため、非常に便利です。

読書中のメモ取りのコツ

読書中にメモを取ることは、理解を深めるために非常に有効です。本の重要な箇所に直接メモを記入することで、情報が記憶に残りやすく、後で見返したときに理解がさらに進むでしょう。ただし、本に直接書き込むと本が傷む可能性があるため、この方法には賛否があります。

読書時の音楽活用法

読書をする際に背景音楽を流すと、集中力が向上し、リラックスして内容に深く没入することができるようになります。しかし、音楽がかえって集中を妨げると感じる人もいますので、すべての人に推奨できるわけではありません。

理想的な読書環境の整備

読書に集中できない場合は、読書環境の見直しが効果的です。自宅で静かな読書スペースを設ける、または穏やかなカフェで読書を楽しむことがおすすめです。

知識のアウトプットの重要性

読んだ本の内容は、単にインプットするだけでなく、アウトプットも同じくらい重要です。読んだことを実生活で活用したり、読書好きの友人との議論を通じて知識を共有することで、学んだ内容が記憶に定着しやすくなります。

知識を得た後は、時間が経過すると忘れやすくなるので、定期的にアウトプットすることが記憶の定着を助けます。この方法を積極的に取り入れることを推奨します。

ジャンルを絞って読書するメリット

同じジャンルの本を続けて読むことには、読書速度を向上させる効果があります。同じジャンルの作品は、構造が似ているため、内容の理解がスムーズになります。これは「慣れ」による効果です。例えば、私の友人は学生時代にミステリー小説にはまったことで、読書技術が格段に向上したそうです。

読書技術を向上させるポイント

読書のコツを掌握すれば、情報をより効率的に吸収することができます。この記事で紹介した方法を実践して、読書スキルを高めてみてください。

読書は、知識を広げ、個人の成長を促進する素晴らしい手段です。定期的に本を読むことで自己を改善し、継続的な努力が自分を成長させるでしょう。ぜひ、積極的に読書に取り組んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました