PR

ジャイアンの父親の謎に迫る!知られざる真実の追求

雑学

ジャイアンというと、物語に度々登場し問題を起こすキャラクターとしてのイメージが強いかもしれません。確かに彼の物語での役割は大きいですが、その一方で父親の存在は「本当に登場したことがあったっけ?」と思わせるほど影が薄いです。

「ジャイアンの父親の名前は?」「どれくらいの頻度で登場するの?」「なぜそんなに登場しないの?」と疑問に思うと、気になって仕方がなくなります。

この記事では、謎に満ちたジャイアンの父親にスポットライトを当て、彼の名前や物語内での役割、そして彼がなぜほとんど目立たないのかを深堀りしていきます。

ジャイアンの父親の謎を解き明かす

ジャイアンの家族の中で、個性的な母や妹に比べて、ジャイアンの父親の出番はずいぶん少なめです。一体彼はどんな人物なのか、その正体に迫るために詳しく調査しましたので、その結果をお伝えします。

剛田小助という名前の意味

ジャイアンの父親は「剛田小助」(ごうだこすけ)と名乗っています。この名前からは、なんとなく控えめで穏やかな雰囲気が感じられますが、その由来や背景については詳しい情報はありません。

「ドラえもん」の公式キャラクター紹介では、ジャイ子の姿はよく見かけますが、ジャイアンの父親についての言及はほとんどなく、そのため彼のプレゼンスはかなり控えめなものと言えるでしょう。

めったに見られないジャイアンの父のシーン

ジャイアンの父がなぜこんなにも印象が薄いのか、その理由は「ドラえもん」の全45巻の中で彼が登場するのがたった6回だけであることにあります。これに対して、ジャイアンの母は63回もの登場を果たしており、父親の登場回数がいかに少ないかが明らかになります。

彼が初めて登場するのは第1巻の「一生に一度は百点を…」というエピソードで、ジャイアンがドラえもんの道具を使ってテストで満点を取るシーンです。

しかし、ジャイアンの父はこの不正を見つけ、以前から不正はしないようにと教えていたとジャイアンをしっかりと叱ります。このエピソードを通して、彼がどれほど厳しくも公平な人物であるかが見えてきます。

さらに、第4巻の「ソノウソホント」では、ドラえもんの道具で強くなったのび太の父と勝負して負けた後、負けを認めてその場を去るシーンがあります。ジャイアンの父のわずかな登場シーンからは、彼の男らしさや誠実な性格が伝わってきます。

ジャイアンの父がなかなか登場しない理由とは?

力強さと誠実さを兼ね備えたジャイアンの父ですが、意外にも彼の出番は少なめです。その珍しい登場について、ドラえもんファンの間では様々な憶測が飛び交っています。以下では、その中からいくつかの推測をご紹介します。

ジャイアンの母の厳格さを避けている?

一つ目の推測としては、ジャイアンの母親の厳しい性格から逃れるために家を出たというものがあります。ジャイアンの母親はその厳しい姿勢で有名で、彼女が登場するたびにジャイアンを叱っている光景は、多くの人に強烈な印象を与えています。

そのため、一部のファンは、ジャイアンの父が母親の厳しさから逃れたいと思ったのではないかと推測しています。しかし、この見方はジャイアンを適切に育てるための叱責と考えられ、ジャイアンの父親が母親から叱られる場面は存在しません。

加えて、ジャイアンの父親はかなりの体格を持ち、のび太の父と力比べをするほどの腕力があります。これらの点を踏まえると、ジャイアンの父が母親の厳格さを理由に逃げ出したという可能性は低いと思われます。

朝の仕入れと昼間のギャンブル疑惑について

剛田商店はジャイアンの家が営む雑貨店です。ジャイアンの父は朝から仕入れに忙しい一方で、昼間にギャンブルをしているという噂があります。

しかし、実際には仕入れに忙しいことは確かかもしれませんが、ギャンブルの場面は漫画には登場しません。この話は昭和時代の父親像にジャイアンの父を当てはめたものかもしれません。

ジャイアンの父が本当にギャンブルで日々を過ごしているとしても、ジャイアンの母がそれを許すとは思えません。この理由から、この説には根拠が薄いと言えるでしょう。

実は会社員としても働いている?

また、ジャイアンの父が実は会社員として働いている可能性についても指摘されています。第22巻の「無事故でけがをした話」では、ジャイアンの父が会社からの帰り道にひき逃げ事故に遭遇します。

その時の彼の服装が会社員らしく見えたことから、彼がサラリーマンであるという話が出ました。ただ、彼の服装が会社帰りだったこと以外に、実際に会社で働いているという明確な描写はありません。そのため、この説もはっきりとは証明できない状態です。

なぜジャイアンの父はほとんど目立たないのか?

ジャイアンの父が物語でほとんど目立たない一番の理由は、「キャラクターが際立っていない」ことにあるかもしれません。ジャイアンの母が画面に現れるだけで強烈な印象を残し、ジャイ子はその外見とは裏腹な繊細な内面で注目を集めます。

そんな個性豊かな家族の中で、ジャイアンの父は典型的な父親像として描かれがちで、あまり前に出ることがありません。さらに、昭和時代の典型的な家庭モデル、「お父さんが仕事をし、お母さんが家事と育児を担う」という構造が、物語での彼の登場頻度に影響している可能性もあります。

母親が子どもたちとの接点を多く持つことから、物語では母親の役割がより強調されがちです。

まとめ:控えめだが魅力的な面も

登場回数は少ないものの、ジャイアンの父が登場するたびに、彼の誠実でストレートな性格が描かれています。ジャイアンが時に荒々しくも、妹への愛情や正直さを見せるのは、父親の影響かもしれません。

ジャイアンの父親のキャラクターはまだ多くの人には知られていませんが、彼にはもっと探求すべき魅力的な面がありそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました