PR

オンラインプログラミングスクールの利点と選び方

仕事・教育

職場の不満や新しいキャリアへの挑戦は、多くの人が直面する一般的な課題です。現在の仕事に魅力を感じなくなったり、もっと自由な働き方を求める人たちがいます。そんな彼らが次のステップに進む方法として、転職が考えられます。

特にITエンジニアの道は注目されており、その理由には以下のようなものがあります:

・長期にわたって役立つスキルを身につけたい

・副業やフリーランスなど、さまざまな働き方を実現したい

・収入を増やしたい

将来に対する不安を抱えたり、より自由に働きたいと考えている人にとって、ITエンジニアは魅力的な職業選択です。技術職が未経験でも、今はオンラインプログラミングスクールを通じて、初心者からプロのエンジニアになる道が広がっています。

本記事では、オンラインプログラミングスクールを利用してITエンジニアになる方法について詳しく紹介します。

オンラインで学ぶプログラミングの方法

オンラインプログラミングスクールは、インターネットを利用してプログラミングスキルを学べる教育プラットフォームです。プログラミングは、初学者にとって親しみにくい領域であり、ただ書籍を読むだけでは理解が難しいことが多いです。

オンラインスクールでは、動画やビデオを使って直感的に学べる内容が提供されており、分からない部分は講師に直接質問することが可能です。これにより、初心者もプログラミングを容易に学び始めることができる環境が整っています。

プログラミングの基礎

プログラミングは、コンピュータに特定の指示を与える方法です。この技術はますます重要視され、2020年からは日本の小学校でも必修教育として採用されています。 プログラムとは、簡単に言えば、コンピュータに実行させたい操作を記述したコードです。

コンピュータは自ら動くわけではなく、プログラムの指示に従って動作します。 例として、あなたが今見ているウェブサイトや、使っているスマートフォンアプリ、ゲームなど、これらはすべてプログラムによって制御されています。

これらのプログラムを開発する人々を、プログラマーやエンジニアと呼びます。

エンジニアの市場価値

日本では、特にIT業界において深刻な人材不足が問題となっています。エンジニアはこの人材不足が特に顕著な職種で、その高い専門性と市場価値のために転職市場でも非常に求められています。

【エンジニア転職のメリット】

  • 他の職種に比べ求人倍率が高く、8倍以上に達することもあります。
  • 高度なスキルを身につけることができ、一つの会社に依存せずとも働くことが可能です。
  • 技術職としての収入が高く、他の職種に比べて給与水準が上です。

オンラインでプログラミングを学ぶ

エンジニアとしての転職は、特に未経験者にとっては困難な場合が多いです。新卒であれば教育体制を整えている企業も採用を検討することがありますが、経験者を対象とした中途採用では一定レベルのプログラミングスキルが必要とされます。

このような状況で効果的なのがオンラインプログラミングスクールです。独学と比べて素早く効率的に技術を習得でき、転職時の信頼性を高めることができます。

オンラインプログラミングスクールの特長は、いつでも質問が可能な専任講師がサポートする点です。疑問や不明点がすぐに解消されるため、独学時のように問題解決が遅れて挫折するリスクが少なくなります。

【オンラインプログラミングスクールの利点】

  • 独学に比べて迅速に実用的なスキルが身に付けられる
  • 認知されたスクールからの修了証が転職活動を支援
  • 自宅で自分の都合に合わせて学習できる(忙しい人でも学びやすい)
  • 視覚的にわかりやすいビデオや教材が充実している
  • 学習を継続しやすい環境が整っている

エンジニアの給与動向

エンジニアとしての収入は大きく変動することがあり、特に未経験者や経験が浅い初心者は比較的低い給与からスタートすることが普通です。しかし、スキルと経験が積み重なるにつれて、給与は顕著に増加する傾向が見られます。

・年齢に応じた平均年収の推移 年齢が上がるにつれて平均年収は徐々に上昇し、一般的な平均よりも15万円から40万円高い水準になります。

年齢別平均年収

  • 20代:267万円〜370万円
  • 30代:410万円〜448万円
  • 40代:476万円〜502万円
  • 50代:520万円〜529万円

職種別平均年収

エンジニアと一言で言っても、その専門分野によって求人状況や年収が大きく異なります。以下に、特に需要の高い職種の年収を示します。

  • Webプログラマー:20代で350万円、30代で450万円、40代で550万円
  • ゲーム開発者:20代で400万円、30代で480万円、40代で550万円
  • アプリケーション開発者:20代で380万円、30代で480万円、40代で580万円
  • 組み込みシステム開発者:20代で400万円、30代で500万円、40代で600万円
  • 汎用プログラマー:20代で500万円、30代で600万円、40代で630万円
  • オープンシステム開発者:20代で480万円、30代で520万円、40代で680万円
  • 通信システム開発者:20代で500万円、30代で600万円、40代で800万円

これらの情報をもとに、エンジニアの給与がどのように経験に応じて変化していくかを理解することができます。

プログラマーへの転職にかかる期間は?

エンジニアとしてキャリアをスタートするには、遅すぎるということはありません。たとえ20代後半であっても、30代であっても、パソコン経験がない方でも、プログラミングを学び始めることは十分に可能です。

未経験から実際にエンジニアとして働けるようになるまでには、一般的に1,000時間の学習が必要です。1日に8時間学習できる場合、約100日(3ヶ月)が必要とされ、1日4時間の学習では約200日(7ヶ月)を要します。

ただし、この1,000時間というのは、独立して開発を行えるレベルに達するための目安です。エンジニアとして職を得るだけなら、200時間の学習でも可能なケースがあります。200時間ならば、最短で1ヶ月、長くても半年程度で学習を完了できます。

プログラミングは、実際の仕事をしながらの方が効率的にスキルが向上するため、まずは職に就いて実務経験を積むことが成長の近道です。

多くのオンラインスクールでは転職支援も行われており、次のようなステップでキャリアアップを目指せます:

  1. 短期間でプログラミングの基本をマスターする。
  2. オンラインスクールの転職支援を利用して職を得る。
  3. 1〜2年の実務経験を積む。

これらのステップを踏むことで、プログラミングスキルは大きく向上し、より良い条件での転職やフリーランスとしての独立も目指せるようになります。

オンラインプログラミングスクールの選び方

オンラインプログラミングスクールは非常に多く存在しており、中には評価の低いスクールも含まれます。一部のスクールは質の低い授業内容や不当に高い料金で知られており、そのようなスクールの受講生が就職面接で不評を買うこともあります。

これらのスクールがプログラミング教育の全体的な評判を損なうことがあるため、信頼性と実績のあるスクールを選ぶことが極めて重要です。複数のスクールを比較し、体験授業を受けるなどして、スクールの質を自分で確かめることをお勧めします。

また、オンラインでスクールの担当者と直接話をすることも、適切なスクール選びに役立ちます。信頼できるスクールを見極めるために、これらの方法を活用しましょう。

オンラインプログラミングスクール「テックキャンプ」の魅力

おすすめのプログラミングスクール:テックキャンプ(TECH CAMP)

テックキャンプの特長:

  • 初心者向けに設計された教材:通常、エンジニアとして活躍するためには約1,000時間の学習が必要ですが、テックキャンプでは5,000回以上の教材の更新を重ねることで、必要な学習時間を600時間まで短縮しています。
  • 専門家への無制限の質問機会:学習中に理解できない部分があれば、チャットやビデオ通話を通じていつでも専門の講師に質問することができます。質問は回数無制限です。
  • 専任トレーナーによるサポート:トレーナーがビデオ通話を使用して学習の進捗を管理し、モチベーションを維持し、コーチングを行います。これにより、学習途中で挫折することが少なくなります。
  • 転職成功までの個別サポート:キャリアアドバイザーが転職活動の各段階で一対一でサポートを提供します。これまでに2,000名以上のエンジニアが転職に成功し、その成功率は99%に達しています。

詳細はテックキャンプの公式サイトでご確認いただけます。

タイトルとURLをコピーしました