PR

眼鏡購入ガイド:おすすめのショップ紹介

生活・文化

このガイドでは、眼鏡購入におすすめのショップを詳しくご紹介します。様々な眼鏡店が存在し、手ごろな価格の店から歴史のある店まで、選択肢は幅広いです。

どの店で購入すべきか迷っている方に役立つ情報を提供し、適切な眼鏡店を見つけるためのポイントや店舗ごとの利点を解説します。最適な眼鏡を選ぶために、各店舗のユニークな特徴を掘り下げていきます。

どの眼鏡店を選ぶべきか?

ここからは、特に評判が良い眼鏡店をいくつか取り上げ、それぞれの特性を比較します。JINS、Zoff、OWNDAYS、眼鏡市場、メガネの愛眼、メガネのパリミキといった店舗があり、各々が持つ独自の魅力と強みを持っています。

JINS

「コストパフォーマンスに優れた眼鏡」を提供するJINSの特徴は以下の通りです:

  • スタート価格5,500円からの眼鏡セット
  • 追加料金なしで選べる薄型レンズ
  • 豊富なフレームオプション

JINSは価格面で非常に魅力的で、5,500円からという手頃な価格で高品質な眼鏡セットを提供しています。高度数のレンズが必要な方でも、追加料金なしで薄型レンズへの変更が可能です。

シンプルから洗練されたデザインまで、多様なフレームが揃っているため、価格を抑えつつも好みのスタイルを見つけることができます。

Zoff

「軽くて丈夫な『Zoff SMART』シリーズで知られるZoff」の主な特徴は以下の通りです:

  • 低価格での眼鏡セットが5,500円から
  • 追加料金不要でブルーライトカットレンズを選択可能
  • 国産レンズを使用した度付きオプション

Zoffは、手頃な価格で高品質な眼鏡を提供しており、特にPC作業が多い方におすすめのブルーライトカット機能を無料で提供しています。薄型レンズへの変更は追加料金がかかりますが、国産レンズの使用により製品の品質と信頼性が高まっています。

価格と機能性を重視する方には、Zoffが理想的な選択です。

OWNDAYS

「ファッション先行の眼鏡ブランド」として人気のOWNDAYSは、モダンなデザインの眼鏡を提供しています。以下がOWNDAYSの特徴です:

  • 初期コストが6,600円からの眼鏡セット
  • 購入から20分で商品を受け取ることが可能
  • 万が一のための返品保証付き

価格面では、レンズとフレームのセットが6,600円からと競争力があります。OWNDAYSは「毎日のファッションに合わせて眼鏡を変える」をコンセプトにしており、アイウェアをファッションアイテムとして楽しむことができます。

迅速な製作と明確な価格体系が特徴で、新しい眼鏡を手軽に選べる楽しさを提供します。さらに、購入後1ヶ月以内であれば理由を問わず返品が可能な保証があります。すぐに眼鏡を選んで試したい方にOWNDAYSは最適です。

眼鏡市場

「眼鏡市場」は業界で売上トップの実績を誇ります。以下は、この店舗の主要な特長です:

  • 追加料金なしで提供される薄型レンズ
  • 選択可能な遠近両用レンズオプション
  • 厳格な品質管理

価格帯はレンズとフレームのセットで13,200円からです。薄型レンズや遠近両用レンズを追加料金なしで選択できるため、コストパフォーマンスが高いと言えます。また、多焦点レンズの豊富な選択肢があり、さまざまな視力ニーズに対応しています。

厳しい品質検査を行う自社工場での管理が、高品質な眼鏡を保証します。コストを抑えつつ高品質な眼鏡を求める方には「眼鏡市場」が最適です。

メガネの愛眼

関西地方を中心に200以上の店舗を展開する「メガネの愛眼」は、豊富な歴史と実績が魅力です。主な特徴は以下の通りです:

  • 追加料金なしでの薄型レンズへの変更可能
  • 豊富なレンズオプション、特に遠近両用レンズがあり
  • 専門知識を持つスタッフが在籍

眼鏡市場と同様に、追加料金なしで薄型レンズや遠近両用レンズへの変更が可能です。価格帯は13,200円からとなっています。

店舗スタッフは専門的な知識を持ち、顧客に最適な眼鏡選びをサポートします。公式ウェブサイトを通じて、資格を持つスタッフが在籍する店舗を見つけることができます。品質と顧客サービスを重視する方に「メガネの愛眼」は理想的な選択肢です。

 

メガネのパリミキ

長い歴史を持つ伝統的な眼鏡店「パリミキ」は、90年以上の経験を持ち、2022年にはメガネの三城と統合し新たなスタートを切りました。パリミキの特徴は以下の通りです:

  • 高品質な製品への強いこだわり
  • 全てが日本製の自社工場で生産
  • 日本人の顔立ちに合わせたオリジナルフレーム設計

パリミキは量産モデルと異なり、手作業で細部にわたる製品作りを行い、最高の品質を追求しています。自社ブランド「style J」は福井県鯖江市で製造され、デザインから仕上げまで全ての工程を自社で一貫して行います。

特に、体温に反応して形状を変えるノーズパッドを使用しており、使用者の鼻にぴったりとフィットする設計になっています。

フレームとレンズが別々に設定されているため、価格は他の眼鏡に比べて高くなることがありますが、日本製の高品質な眼鏡を求める方や耐久性のある製品を望む方にはパリミキが最適です。

どの眼鏡店を選ぶべきか

ここまで六つの眼鏡店の特徴とメリットを紹介しました。次は、あなたのスタイルやニーズに合った眼鏡店を選びましょう。

コストパフォーマンスを重視するならJINSとZoff

コストパフォーマンスを最優先する場合、JINSとZoffがおすすめです。これらの店舗では、眼鏡のフルセットが5,500円から提供されています。

JINSでは追加料金なしで薄型レンズが選べ、Zoffではブルーライトカットレンズが無料で提供されます。度数が高い方やコンピュータ作業が多い方には、これらの店舗がコスト効率的に適しています。

高品質な眼鏡を求めるなら眼鏡市場とパリミキ

高品質な眼鏡を求める場合、眼鏡市場とパリミキが最適な選択肢です。これらの店舗は、眼鏡製造の有名な産地である福井県鯖江市に自社工場を持ち、国内市場の大部分を占める高品質な眼鏡を製造しています。

眼鏡市場は自社工場での厳格な商品検査と品質管理に力を入れています。同様に、パリミキも自社工場で製造される日本製の高品質眼鏡を提供しており、品質を最優先に考える方にはこれらの店舗が理想的です。

薄型レンズを希望するならJINSとメガネの愛眼

薄型レンズが必要な方にはJINSとメガネの愛眼をおすすめします。これらの店舗では追加料金なしで薄型非球面レンズを提供しており、特にメガネの愛眼は屈折率1.76の極薄レンズを独自に扱っています。

JINSでは以前は追加料金が不要でしたが、最近になって11,000円の追加料金が必要となりました。Zoffでも同様のレンズには13,200円の追加料金がかかります。

遠近両用メガネが必要なら眼鏡市場

遠近両用レンズを考えている方には、眼鏡市場が最も適した選択です。眼鏡市場では追加料金なしで遠近両用レンズを提供しており、特に両面非球面レンズも無料で選択できる唯一の店舗です。メガネの愛眼では、標準の両面非球面レンズに11,000円の追加料金が必要です。

そのため、追加費用なしで遠近両用レンズと両面非球面レンズを求める場合、眼鏡市場が一番適しています。

トレンドを追い求めるならJINSとZoff

最新のファッショントレンドを取り入れたい方には、JINSとZoffをおすすめします。これらのブランドはトレンドに敏感で、多彩なデザインの眼鏡を提供しています。

特にJINSは2023年2月に「JINS TODAY」シリーズを発表し、若者向けにファッション性を重視した眼鏡コレクションを展開しています。また、Zoffの「Zoff CLASSIC」コレクションは、楽しむことを重視したスタイリッシュなアイテムで人気を博しています。

デザイナーフレームを求めるなら眼鏡市場

眼鏡市場は、名だたるブランドフレームを幅広く取り扱っており、特に大人のための高級ブランドが豊富です。取り扱いブランドには以下のようなものがあります:

  • MARY QUANT
  • marimekko
  • TAKEO KIKUCHI
  • HUNTING WORLD
  • FURLA
  • agnes b.
  • BEAMS

これらのブランドは、洗練されたデザインを好む方にとって最適な選択肢です。眼鏡市場の自社ブランドも、成熟したスタイルを求める女性に向けた幅広いモデルを提供しています。

全額返金保証を提供するのはOWNDAYS

多くの眼鏡店ではアフターサービスや保証が充実していますが、OWNDAYSは「返品保証」が特徴です。購入後1ヶ月以内であれば理由を問わずに返品や全額返金が可能です。

さらに、災害や盗難に遭っても無償で同じ商品への交換サービスがあり、自己の過失による損害があった場合には、製品を半額で再購入することができます。

まとめ

これまでに、さまざまな眼鏡店の特徴と利点について解説してきました。あなたの求める条件やニーズに合わせて、最適な眼鏡店を選ぶことが重要です。それぞれのカテゴリーに応じたおすすめの店舗を探してみましょう

 

タイトルとURLをコピーしました