PR

9インチの寸法を徹底解説!

生活・文化

9インチというと、通常のパソコンやタブレットではあまり見かけないサイズですが、車のナビゲーションシステムではよく用いられています。このサイズが具体的にどれほどの長さか、縦と横の寸法は何センチメートルになるのでしょうか?

また、よく見かける9インチのピザの大きさについても触れてみましょう。この記事では、9インチがセンチメートルやミリメートルでどれくらいの大きさなのか詳細に解説し、実際の画面サイズを紹介します。

さらに、日常生活で9インチと同じ大きさの物がどのようなものかも詳しく説明していきます。

9インチはセンチメートルでどれくらい?

9インチをセンチメートルに換算すると、22.86センチメートルになります。1インチが2.54センチメートルとすると、9インチは約23センチと覚えると便利です。たとえば、ドミノピザのMサイズは直径が約23センチで、これが9インチにほぼ等しいです。

このサイズは1〜2人で食べるのにちょうど良い大きさです。この記事の後半部では、9インチが日常でどのような物と比較できるか詳しく解説しています。

9インチをミリメートルで表示すると?

9インチをミリメートルに変換すると、228.6ミリメートルとなります。これは、22.86センチメートルを10倍するだけで求められます。

9インチ画面のサイズ詳細解析

9インチ画面の具体的な大きさについて、画面の比率によって異なる縦横の寸法を解説します。様々な画面比率に基づいた9インチ画面の寸法について詳しく説明していきます。

16:9画面比率での9インチ寸法

16:9の画面比率は、一般的にワイドスクリーン比率として認識されており、他の比率よりも横長の長方形です。この比率は特に多くのカーナビゲーションシステムに採用されています。9インチ画面の具体的な寸法を示すと、横幅は19.92センチメートル、縦幅は11.21センチメートルとなります。

16:10の画面比率での9インチ寸法

16:10の画面比率は、一般的な16:9よりも縦長の形状をしています。この比率の9インチパソコンは少ないですが、13.3インチや14インチなどの大きめのノートパソコンによく採用されています。

9インチ画面でこの比率を用いた場合の寸法は、横が19.39センチメートル、縦が12.12センチメートルです。

4:3画面比率での9インチ寸法

4:3の画面比率は、かつてブラウン管テレビで広く使用されていた形状です。このやや縦長の形状は、カーナビで古い映像を再生した際に画面の両側に黒い帯が表示される原因となります。

最近では、この比率を採用するデバイスとしてiPadが挙げられます。この比率での9インチ画面のサイズは、横が18.29センチメートル、縦が13.72センチメートルとなります。

9.7インチiPadの寸法詳細

市場で一般的な9インチのパソコンやタブレットは少ない中、iPadには9.7インチモデルが存在します。このモデルの最新のリリースは2018年でした。9.7インチのiPadは4:3の画面比率を持ち、具体的なサイズは以下のようになります:

  • 横の長さは19.71センチメートル
  • 縦の長さは14.78センチメートル

9インチの長さを日常のもので測る方法

9インチは22.86センチメートルとされていますが、この長さが具体的にどれくらいなのかを、より身近なものを使って理解することができます。

千円札1.5枚で9インチを測る

千円札のサイズは縦76ミリメートル、横150ミリメートルです。この寸法に基づき、千円札1.5枚の長さは22.5センチメートルになり、これは9インチとほぼ同じ長さです(わずか0.36ミリメートルの差)。

千円札を2枚用い、一枚を半分に折ってもう一枚と横に並べることで、9インチの長さを手軽に測ることができます。日常的に持ち歩く千円札を使用するこの方法は、9インチの長さを簡単に把握するのに役立ちます。

硬式野球ボール3個分の長さで9インチを測る

プロ野球や高校野球で使われる硬式野球ボールの直径は通常72.93mmから74.84mmです。これらのボールを3個並べると、218.79mmから224.52mmの長さになり、これは9インチの長さとほぼ同じです。

野球を観戦した経験がある人なら、この比較を通じて9インチの大体の長さを想像できるでしょう。

バスケットボールでの9インチ比較

バスケットボールはサイズによって直径が異なります。小学生が使用する5号球は直径が22cm、中学生以上の女子が使用する6号球は直径が23.2cmです。このことから、9インチの長さは5号球と6号球の間のサイズに位置することがわかります。

この情報を元に、9インチのサイズがバスケットボールの5号球と6号球の中間くらいであると理解すると、その大きさが具体的にイメージしやすくなります。

350ml缶2つで9インチを測る

一般的な自動販売機で販売されている350mlの飲料缶の高さは115mmです。この缶を2つ縦に並べると、総高さが230mmになり、これは9インチ(約228.6mm)と非常に近い長さです。わずか8.6mmの差があります。

次に自動販売機で飲料を購入する際は、2つの缶を並べて9インチの長さを実際に確かめてみるのがおすすめです。

9インチの長さとその活用法

9インチは22.86cmとされています。これは、たとえば千円札1.5枚分の長さにほぼ等しく、イメージしやすいかもしれません。また、9インチとは通常、画面の対角線の長さを指します。

このサイズは特にカーナビゲーションシステムでよく使用され、画面比率は一般に16:9とされています。本記事で紹介した各種寸法をもとに、日常生活での9インチのサイズ感を具体的に感じてみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました