PR

不気味なトイレ?多摩市の人気テーマパークの怖い噂を検証

趣味・エンターテインメント

多摩市にあるサンリオピューロランドは、特に週末や祝日には多くの観光客や地元のファンで賑わいます。ここではハローキティやマイメロディをはじめとするサンリオキャラクターたちとの交流や、様々なショーやアトラクションが楽しめるため、家族連れに大変人気です。

しかし、このテーマパークには意外な「怖い」という噂が存在します。多くの来場者が愛するキャラクターたちがいるにもかかわらず、何故か「不気味」と感じる声も聞かれるのです。今回はその理由を探ります。

サンリオピューロランドが不気味と言われる理由

サンリオピューロランドに不気味な雰囲気が漂うとされるのは、以下の三つの要因が影響しています。

  1. 男性用トイレの独特な内装
  2. ハロウィンの特別企画
  3. 怖いテーマのイベント

これらの要素がどのようにして不気味な雰囲気を生み出しているのか、詳しく見ていきましょう。

男性用トイレのユニークな内装

サンリオピューロランドの男性用トイレには、その特異なデザインが訪問者を驚かせるかもしれません。小便器の周りには、驚いた表情の木々が設置されており、これらの木々が訪れる人々をじっと見つめるようで、訪問者には少し怖い印象を与えるかもしれません。

特に木々の大きく開かれた目は、子供たちにとっては圧迫感を感じさせることがあります。さらに、個室には顔がついた石の壁があり、どこを見ても顔がこちらを見返しているようで、安心して用を足すことが難しい雰囲気が漂います。

男性用トイレの入口には「ちょっと変わったクマがいます。女性もみていいぜ。」という看板があり、興味をそそられる内容です。トイレ内部には低い唸り声が響き渡り、その声を追って進むと、手で顔を隠して座っている大きなクマの装飾が現れます。

このクマは見るからに不気味で、突然動き出して顔を上げて怒るという演出が施されています。このような演出は特に子供たちには強い恐怖を与える可能性があります。

ハロウィン特別企画

2022年のハロウィンシーズンにオープンした「吸血鬼執事カフェ」は、吸血鬼がお客様をもてなす、没入型のホラー体験が楽しめるカフェです。

ハロウィン期間限定で開催され、通常は子供向けの可愛らしいテーマで知られる施設とは一線を画し、予期せぬ訪問者はその急激な雰囲気の変化に驚くかもしれません。この時期には、少し怖いアトラクションも含まれるため、注意が必要です。

恐怖体験イベント

「オバケンゾンビランド in サンリオピューロランド」というホラーイベントは、2015年から始まりました。通常の営業時間後にサンリオピューロランド全体を使って行われ、ファンタジックな世界観がホラーテーマに変わります。

例えば、2022年のテーマはゾンビウイルスの発生に関連する謎解きで、音信不通になった博士を探すことが中心でした。

2023年には、ゾンビ、ゴースト、ピエロから逃れることを目的とした悪夢からの脱出ミッションが展開されました。これらのイベントは大人向けであり、強烈な恐怖を感じる可能性があります。

サンリオピューロランドにスリル満点のアトラクションはあるのか?

サンリオピューロランドは、その愛らしいキャラクターたちで親しまれていますが、絶叫マシンのようなスリルを求めるアトラクションは存在しないのでしょうか。

ここでは主に2種類の乗り物アトラクション、「サンリオキャラクターボートライド」と「マイメロードドライブ」が提供されていますが、これらはジェットコースターのような急な昇降を伴うタイプではありません。

「サンリオキャラクターボートライド」では、約10分間の船旅の間にサンリオキャラクターたちがパーティーの準備をしている様子を楽しめ、写真撮影も可能です。

一方、「マイメロードドライブ」はエコフレンドリーなマイメロカーでマイメロディの家やいちご畑を巡ります。どちらのアトラクションもフォトスポットが豊富にあり、撮影した写真をカスタマイズして楽しむことができます。

多くの来場者がもっと多くのアトラクションを期待するかもしれませんが、サンリオピューロランドでは主にキャラクターとの触れ合い、ショー観覧、グッズショッピングが中心となっています。

そのため、スリル満点のアトラクションは提供されておらず、提供されているすべてのアトラクションは小さな子供も安心して楽しむことができます。

ただし、ハロウィンシーズンには「サンリオキャラクターボートライド」がハロウィンテーマに変わり、通常よりも少し怖い雰囲気になるため、この時期は特に注意が必要です。実際に「かなり怖かった」という感想も聞かれることがあります。

サンリオピューロランドにまつわる謎多き都市伝説

サンリオピューロランドには訪れる者を驚かせる都市伝説が数多く存在しています。

例えば、ハローキティの口が地下の秘密の場所に封印されているという話や、特定のトイレが異世界への入り口であるという噂、さらには従業員が給料を通貨ではなくポップコーンで受け取っているというもの。

そして元々「サンリオ・ピエロ・ランド」としてピエロが中心のテーマパークだったとされる説などがあります。これらの謎についてもっと掘り下げてみましょう。

ハローキティの口の秘密

ハローキティに口がないのは、ファンが自由に表情を想像できるように、また、優しさや思いやりは言葉だけでなく態度で示すべきだという意図が込められていると言われています。しかし、一部では「ハローキティの口は地下室に隠されている」という都市伝説も浮上しています。

この説によると、ハローキティが元々毒舌だったためにブランドに悪影響を及ぼすと判断され、その口が隠されたとされています。この話は少し怖いものの、毒舌だったハローキティというイメージが興味を引くでしょう。

トイレからアクセスできる別の世界

「ハローキティチャンネル」というYouTube番組で紹介され、話題を集めているのが、一見普通の女子トイレの中にある不思議な個室です。使用されていない6番目の個室の扉を開けると、驚くべき別世界へとつながっていると言われています。

冒険心がある方なら、この不思議な体験を試してみる価値はあるかもしれません。ご安心ください、元の世界へは確実に戻れます。

ポップコーンでの給与支払い?

このユニークな都市伝説は、「ハローキティチャンネル」で取り上げられた話題の一つです。伝説によれば、サンリオピューロランドの従業員は給料をポップコーンで受け取っているとのこと。ハローキティ自身もこの噂について、「できたてのポップコーンはいかが?」とコメントしており、明確な否定もしていません。

この回答が事実を示唆しているのかは不明ですが、もし給与が本当にポップコーンだとすると、食事には困らないものの、他の生活費には頭を悩ませることになるかもしれません。

ピエロが中心だった初期のサンリオピューロランド

サンリオピューロランドに時折見かけるピエロやハリネズミのキャラクターには、興味深い背景があります。元々ピューロランドは「サンリオ・ピエロ・ランド」としてピエロを中心に据えたテーマパークとして計画されていました。

しかし、テーマパークのテーマ性は時間と共に変化し、ピエロのキャラクターは徐々に影を潜めるようになりました。この変遷は、初期の計画段階やコンセプトがどのように進化していったのかを示しています。

結論:サンリオピューロランドは本当に恐怖の場所なのか?

この記事ではサンリオピューロランドが「怖い」という噂に焦点を当ててみました。特に男性用トイレに設置された怪訝な表情の木や個室が、少し不気味で怖い印象を与えることがありますが、これらの要素は訪問者を一風変わった空間へと誘うものです。

しかし、ホラーやハロウィンイベントが行われる期間を除けば、通常の訪問で怖い体験をすることはほとんどありません。サンリオピューロランドのアトラクションは特に小さなお子さんも安心して楽しむことができるよう設計されています。

平時は、かわいらしいキャラクターと楽しい体験が詰まった家族向けのテーマパークで、怖がりな方でも普段は存分に楽しめる場所です。

タイトルとURLをコピーしました