PR

選び方ガイド:鉛筆芯の種類とその濃さ

生活

鉛筆の芯は多種多様で、それぞれが異なる使用場面に適しています。鉛筆を選ぶ際には、芯の濃さがどれほどか、そしてその特性を理解することが非常に重要です。どの鉛筆を選べばよいのか、選択に迷うこともあるでしょう。

この記事では、鉛筆芯の濃さの順番を明らかにし、それぞれの種類がどのような状況で最も適しているかを詳しく解説します。

鉛筆芯の濃さランキング

鉛筆の芯の濃さは、17段階に細かく分けられており、それぞれ異なる濃度が設定されています。ここでは、最も濃いものから順にリストを作成しました。リストは以下の通りです:

 

6B→5B→4B→3B→2B→B→HB→F→

H→2H→3H→4H→5H→6H→7H→8H→9H

この中で、6Bが最も濃く、9Hが最も薄い芯とされています。これらの濃さの分類は日本工業規格(JIS)に基づいています。

また、一般的なクイズで問われる「F、B、2B、HBを濃い順に並べなさい」という問題の答えは「2B > B > HB > F」となります。これらの濃さを示す指標は「硬度記号」と呼ばれています。

鉛筆芯の濃さと硬さの因果関係

鉛筆芯の「濃さ」と「硬さ」にはどのような違いがあるのでしょうか?この違いの根本的な理由は、芯を構成する「黒鉛と粘土の比率」にあります。

黒鉛が多いほど芯は柔らかく、濃い線が引けます。逆に粘土の比率が高いと、芯は硬くなり線の色も薄くなります。これらの材料比率は製造過程で調整され、芯が「濃い(=柔らかい)」か「薄い(=硬い)」かの特性を決めることになります。

鉛筆芯の種類とその特徴

鉛筆芯は、数字やアルファベットでその特性が示されています。数字が2から9までの範囲で設定されており、数字が大きくなるほど芯の色は薄くなります

また、アルファベットにはH、F、Bが使われ、これらは芯の硬さや色の濃さを示しています。これらの記号はそれぞれ鉛筆芯の重要な特性を表しており、使用目的に応じて選ぶ際の参考になります。

Hとは?

「H」は「Hard」の略で、芯が硬いことを示します。この硬さにより、H芯は細くて薄い線を引くのに適しており、精密な描写に役立ちます。

Bとは?

「B」は「Black」の頭文字で、黒く濃い線を引く特性があります。B芯を使うと、鮮明で力強い文字や線を描くことができ、アート作品にも適しています。

HBとは?

「HB」は「Hard」と「Black」を組み合わせたもので、芯の硬さと濃さが中間に位置します。HB芯はそのバランスの良さから、多目的に使いやすいことが特徴です。

Fとは?

「F」は「Firm」を意味し、しっかりとした硬さを持つ芯です。F芯はHBよりも若干硬めで、その適度な硬さと濃さで、多様な書き心地を提供します。

【用途別】鉛筆芯の硬さと適用方法

鉛筆芯には多様な硬さが存在し、その種類は17にも及びますが、適切な使い分けが重要です。一般的に、B以上の柔らかい芯は、その柔軟性から絵を描くのに適しており、創造的な表現に役立ちます。

一方、H以上の硬い芯は、細かい線や詳細な図面を描くのに適しており、技術図面や製図に主に用いられます。

小学生に適した鉛筆の芯の選び方

小学生にとって適切な鉛筆の芯は、学年に応じて異なります。低学年の子供たちは力が弱いため、柔らかい芯(例えば2B)が書きやすくお勧めです。

学年が上がるにつれて、少し硬い芯(例えばBやHB)が推奨されることが多く、これによりより正確な筆記が可能になりますただし、筆圧が弱い子供は、高学年になっても柔らかい2Bの芯を使用することが望ましい場合もあります。

中学生以上に推奨される鉛筆の芯の濃さ

小学校の高学年から多くの子供たちはシャープペンシルを使用し始め、中学に進学するとほとんどの生徒がシャープペンシルを常用します。しかし、高校や大学の入試ではシャープペンシルの使用が制限されることもあります。そのような場合、HBの芯がおすすめです

HB芯は適度な硬さがありつつ消しゴムで消しやすいため、試験中の修正がしやすくなっています。また、マークシート試験では読取エラーを防ぐために、H、F、HBの芯の使用が推奨されています。

デッサンに最適な鉛筆の芯の濃さ

デッサンを行う際には、鉛筆の芯の濃さが非常に重要です。専門的にデッサンをする場合、4Hから6Bの範囲の芯を使い分けるのが一般的で、これにより細かな濃淡を繊細に表現できます。

趣味でデッサンを楽しむ場合は、HB、2B、3Bの芯を用意しておくと、さまざまなシーンに対応しやすくなります。

鉛筆に名前の「鉛」、実際には含まれず

鉛筆の名前に「鉛」が含まれていることから、多くの人が鉛筆の原料に鉛が含まれていると誤解していますが、実際には鉛は使用されておらず、健康を害する心配はありません。では、なぜ鉛筆に「鉛」の字が使われているのでしょうか?

これは、鉛筆が広まる以前に使われていた鉛製の筆記具が影響していると考えられます。鉛筆という名称も、これらの古い筆記具と同時に輸入された際に、名称が混同された結果生じたものです。参考として三菱鉛筆の資料「鉛筆には鉛を使っているか」があります。

シャープペンシルの芯の種類と濃さの順序

シャープペンシルの芯は、鉛筆の芯と比較して種類が少なくなっています。これは主に文字を書くために使われることが多く、極端に濃いまたは薄い芯の需要が少ないためです。シャープペンシルの芯の一般的な濃さの順序は次の通りです:

4B→3B→2B→B→HB→F→H→2H→3H→4H

シャープペンシルの芯は、「B」や「H」カテゴリーで最も広がりがあり、最大4までの範囲を持っています。芯の太さには0.3mm、0.5mm、0.7mmの選択肢があり、使用目的に応じて選ぶことができます。

鉛筆の起源とその歴史的背景

鉛筆の歴史は驚くほど古く、その最初の形態が見られるのは16世紀後半のことです。17世紀初めには、ロンドンで商業的に鉛筆が販売され始めていました。また、鉛筆が日本に伝わったのも思ったより早く、伊達政宗や徳川家康といった歴史的な人物が使用していたとされています。

さらに、消しゴムが発明されたのは18世紀後半ですが、その前は間違えた筆跡を消すのにパンを使用していたと言われています。

鉛筆とその筆記用具としての進化

多くの人が子供の頃には毎日鉛筆を使用していましたが、成長するにつれてシャープペンシルへと移行するのが一般的です。社会人になると、さらに多くの人がボールペンを主に使用するようになります。

しかし、親になると子供たちと一緒に再び鉛筆を使う機会が増えることでしょう。鉛筆の芯の濃さは以下の順になっています:6B→5B→ 4B→ 3B→ 2B→ B→ HB→ F→ H→ 2H→ 3H→ 4H→ 5H→ 6H→ 7H→ 8H→ 9H。子供の成長段階に合わせて、適切な硬さの鉛筆を選ぶことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました