PR

ウォームトーンにも似合う青色の服の着こなし方5選!おすすめの青色5種

ファッション

パーソナルカラーに囚われ過ぎると、本当に好きな色の服を楽しむのが難しくなります。その結果、コーディネートの選択肢が狭まり、ファッションの楽しみも減ってしまうことがあります。

ウォームトーンの方でも、青い衣服を着たいと願う方は多いのです。今回は、そんなウォームトーンの方にも似合う青い衣服のおしゃれな着こなし方をご紹介します。

ウォームトーンに似合う青色のファッション5選

ウォームトーンの方が青色の服を選ぶ際におすすめのスタイリング方法をご紹介します。たまには普段と違うカラーを楽しむのも、新鮮で良い変化になります。以下に、青色のアイテムを取り入れたコーディネートのアイデアを示します。

ブルーニットに白ブラウスをレイヤード

青色のニットセーターの下に、自分のパーソナルカラーに合う白いブラウスを合わせることで、顔映りを良くしつつ、青色をうまく取り入れることができます。このスタイルはブルーを際立たせ、顔色を明るく見せる効果があります。

緑味のある青色を選ぶ

純粋なブルー以外にも、少し緑味のあるブルーを選ぶと、ウォームトーンの肌にも馴染みやすくなります。このような色のセーターやトレーナー、パーカー、ニットは、より洗練された印象を与えてくれます。

パンツやスカートで青色を活かす方法

顔の近くに青色を持ってくると、肌がくすんで見えがちです。そこで、パンツやスカートを使って青色を取り入れるのが効果的です。例えば、白いブラウスと青いスカートやパンツの組み合わせはおすすめです。トップスに青を取り入れる場合は、アイテムの下部に青を配すると全体のバランスが良くなります。

青色のアイテムと合わせるアクセサリーの選び方

青色のトップスを選ぶ際は、アクセサリーで全体の印象を調整することが重要です。ウォームトーンの方には金色やアンバー色のアクセサリーやスカーフがおすすめで、これらをプラスすることで顔周りを華やかに演出できます。

青色をアクセントに使ったコーディネート

コーディネート全体のバランスを考えつつ、青色をアクセントとして取り入れると良いでしょう。他のアイテムは得意とするカラーで統一することで、調和の取れたファッションになります。

全身を青色でまとめるのではなく、青を取り入れた後は、ベージュや黄色、茶色といった暖色系と組み合わせると自然でバランスの良い印象になります。

ウォームトーンに似合う12種類のブルーシェード

ウォームトーンの方にも似合うブルーのバリエーションは多彩です。特に緑がかったブルートーンがおすすめで、以下の色がウォームトーンの肌に美しく映えます:

  • ホットアクア
  • ライトネイビー
  • デルフト
  • エンジェルブルー
  • クリアネイビー
  • スプリングネイビー
  • ペルシャブルー
  • アクアマリン
  • マリンネイビー
  • シャドウブルー
  • オータムネイビー
  • クールティール

これらのブルーシェードは、特に黄みがかった肌色のイエベの方に適しています。ターコイズブルーやアクアブルー、ティールブルー、ダックブルー、ナイルブルーなどの色もイエベの肌に合う色です。青色にはさまざまなシェードがあり、それぞれに独特の魅力があります。

ウォームトーンにおすすめのくすみブルー

ウォームトーンの方にはくすんだブルーも良く似合います。ダークトーンのくすみブルーは、肌を引き立て、洗練された印象を与えます。例えば、くすみブルーのニットをパープルのスカートと組み合わせると、上品で洗練されたルックが完成します。

くすみブルーを選ぶ際は、全体のバランスを考えたコーディネートが重要です。統一感があれば、さらに美しい印象になります。パンツやスカートの選び方によって、カジュアルから成熟したスタイルまで自由にアレンジできます。

くすみカラーは大人の魅力と上品さを演出するのに最適な選択です。ウォームトーンの方々に是非試してみてほしい色です。

ウォームトーン人がクールトーンの服を選ぶときの注意点

ウォームトーンの人がクールトーンの服を選ぶ際にはいくつか留意すべき点があります。これらを把握しておくと、より洗練されたファッションを楽しむことができます。

パーソナルカラーを基準に選ぶ

パーソナルカラー以外の色を取り入れるのも一つの方法ですが、クールトーンの服を選ぶ際は特に、自分に似合う色を理解することが重要です。自分のパーソナルカラーを踏まえつつ、クールトーンの服を上手にコーディネートしましょう。

顔色との調和を確認

選んだ服の色が顔色を暗く見せることがないよう、試着時には顔色に合っているかどうかをしっかり確認しましょう。服の色が自分の顔色にマッチしていないと、全体の印象が暗くなり、ファッションの魅力も半減してしまいます。

顔から離して使う難しい色のコーディネート術

クールトーンの服を着たいけれど似合わない色がある場合、その色を顔から遠ざけて使うと良いでしょう。例えば、スカートやパンツなど下半身でその色を取り入れるのが効果的です。顔の近くには自分のパーソナルカラーに合ったアイテムを選ぶことで、全体の印象が整います。

全体のバランスを意識する

ファッション全体の色やデザインのバランスを見直し、調和の取れたスタイルを心がけましょう。調和がとれていないと、顔映りが悪くなり、印象も損なわれがちです。自分に似合う色を中心に、バランス良くコーディネートすることが重要です。

ウォームトーンがクールトーンの服を着る際のメイクの工夫

ウォームトーンの人がクールトーンの服を着る際、メイクをクールトーンに合わせる必要は必ずしもありません。より自然でナチュラルなメイクがおすすめです。日頃のメイクに少し変化を加えるだけで、全体の印象が変わります。

リップカラーやアイシャドウの色を変えるだけでも、服とのバランスを取るメイクが完成します。髪色やアイメイクの微調整も効果的です。全体の調和を考慮し、ファッションやメイクの一部を調整することが大切です。

基本的には、自分のパーソナルカラーを活かしながら、少しの変化を楽しむことが推奨されます。

タイトルとURLをコピーしました