PR

隙間パテの購入先と使い方ガイド!賃貸物件でも安心して使える?

生活

隙間パテは、接着剤メーカーのセメダイン社が提供する製品で、主にキッチンやバスルームの隙間を埋めるのに使用されます。この製品をどこで購入できるのか、気になるところですね。

答えは「ホームセンター」です!本記事では、隙間パテの購入場所や選び方、使用方法について詳しく解説します。

隙間パテはどこで買える?販売店を紹介

ホームセンターで手軽に入手可能

隙間パテは、地域のホームセンターで広く扱われています。コーナン、ビバホーム、カインズ、コメリ、ナフコなどの店舗で見つけることができます。店内の「塗料・接着剤/補修材/充てん剤」のセクションを探してみてください。

セメダイン社のパテ製品群

セメダイン社は、様々な用途に適したパテを揃えています。これらの製品は家庭用に使いやすいサイズで提供され、粘土状のため形を整えやすく、塗装も可能です。特に引越しの際にも簡単に取り除ける「非硬化型(固まらない)」製品もあります。

オンラインでの購入方法

近くにホームセンターがない場合は、オンラインショップが便利です。楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング、モノタロウ、アスクルなどで購入可能ですが、送料が発生することに注意してください。

大手デパートでは販売されていない

大手デパートチェーンやドンキホーテ、ロフト、マツモトキヨシでは取り扱いがありません。しかし、調査によると東急ハンズでセメダインの隙間パテを扱っていることが分かりました。

100円ショップで見つける隙間用パテは効果的なのか?

100円ショップで隙間パテが入手可能だという話を聞いたことはありますか?事実、多くの100円ショップで様々なタイプのパテが扱われており、チューブ入りのものから自由に形を変えられるエポキシパテまで、幅広い選択肢があります。

たとえば、ダイソーの「万能エキシポパテ」はグレー色で、わずか1分で固まり水にも強いため、水道管の補修に最適です。また、同じくダイソーの「壁の穴埋めパテ20g」は白色で、壁の小さな穴の修復に適しています。

木製品の修理には「穴埋めウッドパテ」が有用で、セリアやキャンドゥでは「室内補修用壁パテ25g」が売られており、小さな穴を埋めるのに役立ちます。セリアの「シリコーン補修材」は、バスルームやキッチンの修理にも適しています。

100円ショップのパテ使用時の注意点

100円ショップで販売されているパテの多くは硬化型で、壁修復や趣味のプロジェクトに向いていますが、取り除けないため一部の場所には不向きです。特に排水溝のように後で取り外す必要がある場所では、非硬化型のパテを選ぶことが重要です。

隙間パテの使い方ガイド:簡単3ステップ

隙間パテの使用方法はとても簡単で、少量で大きな効果が得られます。例えば、100gのパテでキッチンの排水溝の隙間をしっかりカバーできます。

施工は、まず設置場所をきれいに掃除し、水分や汚れを取り除きます。次に、適量のパテを取って必要な形に成形し、隙間に適用して形を整えます。この作業には10分以内で完了し、簡単に施工できます。

排水溝の隙間埋めの必要性とその効果

排水溝の隙間を埋めることには、害虫の侵入防止や悪臭の遮断、地震時の排水管のズレを防ぐなど、多くのメリットがあります。新築だけでなく、古い建物にも効果があり、わずかな隙間から虫が侵入することを防ぐためにも、隙間パテの使用は非常に有効です。

賃貸住宅でも使える隙間パテ—取り外しは容易?

隙間パテの種類と選び方

隙間パテには硬化するタイプと硬化しないタイプがあります。使用環境に合わせて適切な製品を選ぶことが大切です。屋外や耐火性が必要な場所では特定のタイプが推奨されます。パテの特性によって適切な除去方法も異なるため、製品の特性をしっかり理解することが重要です。

柔軟性のあるパテの特徴と選び方

多くのメーカーが提供する柔軟性のあるパテは、全天候型で価格も手頃ですが、防水性には劣ることがあります。

このタイプのパテを選ぶ際には「非硬化性」「不乾性」と表示されている製品を選ぶことが重要です。これらは100円ショップでは扱っておらず、ホームセンターやオンラインで購入する必要があります。

柔軟なパテの取り外し方

非硬化タイプのパテは、手で簡単に剥がせますが、時間が経つと除去が難しくなることがあります。賃貸物件では、壁や床を傷つけないようにするために柔らかいヘラを使用すると良いでしょう。

硬化するパテの特性と取り扱い

ダイソーなどで販売されている硬化型パテは、壁の補修や傷の埋め合わせに最適です。色のバリエーションが豊富で、使用後はすぐに固まります。補修した部分を周囲の壁や家具の色に合わせやすいです。

硬化パテの除去方法

硬化パテは修理に広く使用されていますが、時間が経つと非常に硬くなります。除去する際は、カッターや鋭利な工具を使って削り取る方法が一般的です。特に滑らかな表面のパテは取り扱いが難しく、作業中の安全と壁や床の損傷を避けるために慎重に扱う必要があります。

また、パテの種類によっては取り除きにくいものもあるため、使用する前にはそれぞれのパテの特性をよく理解しておくことが大切で

以下は様々なタイプのパテに関する詳細な説明です:

・合成樹脂エマルションパテ

このパテは成形が容易で、磨いた後は滑らかで美しい表面が得られます。主にエアコンの配管などの隙間を埋めるのに使われますが、水やアルカリ性の物質には耐性がありません。

・石膏系パテ

石膏系のパテは、下地処理に使用されることが多く、水を加えると硬化します。粒子が粗いため、素早く使うことが推奨されます。

・炭酸カルシウム系パテ

乾燥により硬化するこのパテは、接着剤と混ぜることで水分が加わり、柔らかく加工しやすくなります。このため、加工時には多くの樹脂が使用されます。

・エポキシ系パテ

エポキシ樹脂をベースにしたこのパテは、粘土のように自由に形を作ることができ、2つの成分を混ぜ合わせることで速やかに硬化します。さまざまな用途に適しており、瞬間的な接着力を持ちます。

・耐火パテ

耐火性を持つこのパテは、火災の広がりを防ぐために使用され、溶剤やアスベストを含まない安全な材料です。金属や煉瓦、モルタルに強く接着することができます。

賃貸住宅で安心して使える隙間パテとその代替品

隙間パテの選び方と注意点

賃貸物件での修理や改善を行う前には、必ず管理会社や大家さんからの許可を得ることが大切です。取り外しが容易で壁や床へのダメージが少ない非硬化型の隙間パテなら、賃貸でも比較的自由に使用可能です。

誤って硬化型のパテを使用してしまった場合、除去時に物件を損傷するリスクがあるため、製品選びが重要です。また、虫の侵入や悪臭対策が必要になった場合、それらを管理会社に報告し、適切な対応を依頼することも重要ですが、場合によっては自分で対処することもあります。

賃貸用に適した取り外し可能な製品の選択

隙間パテは非常に便利ですが、賃貸用としては取り外しが可能な他の製品も考慮する価値があります。以下はいくつかの一時的な代替品の選択肢です:

  • ガムテープ:長期間使うと剥がす際に困難を伴うことがあります。
  • 養生テープ:耐水性がありますが、長期間使用すると跡が残る可能性があります。
  • マスキングテープ:一時的な修理には便利ですが、湿気で劣化しやすくなります。
  • ビニールテープ:耐水性はありますが、粘着力が弱く、すぐに剥がれることがあります。

隙間パテの購入と使用のポイント

セメダイン社の非硬化型隙間パテは、原状回復が容易で特におすすめです。主要なホームセンター「コーナン」「カインズ」やオンラインショップ「Amazon」「楽天」で容易に購入できます。使用場所に応じて「固まるタイプ」と「固まらないタイプ」を適切に選ぶことが重要です。

特に賃貸住宅では、非硬化型を選ぶことで退去時の原状回復がスムーズに進みます。また、エアコンダクトの穴やキッチンシンク下の排水溝など、特定の使用箇所には最適な製品を選ぶことがさらに重要です。賢い選択で、賃貸住宅でも安心して隙間パテを使用できます。

タイトルとURLをコピーしました