PR

グレーの服に映えるヘアカラー6選!洋服と髪色の完璧なマッチングガイド

ファッション・個人用品

グレーの服は洗練された魅力があり、どんなヘアカラーと合わせるかはファッションを楽しむ上で重要なポイントです。特にファッションにこだわりのある方にとっては、理想のヘアカラーを見つけ出すことが大きな課題になることでしょう。

この記事では、グレーの服にぴったりな髪色を選ぶための役立つヒントをお伝えします

グレーの服に合わせたいおすすめヘアカラー6選!

グレーの服を選んだとき、どのヘアカラーがよく合うのか気になる方も多いでしょう。ここでおすすめのヘアカラーをご紹介します。

  • ブラウン系:柔らかなブラウンはグレーの服と組み合わせると非常におしゃれに映えます。どんなグレーのアウトフィットにもよく合います。
  • コーラルピンク:明るく爽やかなコーラルピンクは、グレーの服と合わせると一層洗練された印象になります。
  • ライトグレージュ:自然でバランスの良い7トーンのライトグレージュは、明るすぎず暗すぎず、ちょうどいい色合いが魅力です。
  • 明るい茶色:明るい茶色はグレーの服に明るさと華やかさをプラスし、鮮やかな印象を与えます。
  • アッシュブラウン:透明感のあるアッシュブラウンは、多様な色との組み合わせが可能で、特にグレーの服におすすめです。
  • ミルクティーベージュ:透明感と女性らしさを兼ね備えたミルクティーベージュは、グレーの服と組み合わせると相性が良く、エレガントな印象になります。

グレー服を引き立てるコーディネートテクニック!

グレーの服を上手に着こなすためのスタイリングポイントをご紹介します。異なる色との組み合わせで、さまざまな印象を作り出すことが可能です。

  • グレー+赤やピンク系赤やピンクと合わせることで、温もりのある印象を与えられます。秋冬シーズンには特にこのカラーミックスをおすすめし、エレガントな装いに仕上がります。春には薄いグレーと柔らかなピンクの組み合わせがフレッシュです。
  • グレー+イエローやキャメルイエローやキャメル色を加えると、ナチュラルで明るい雰囲気を演出します。アクセサリーやスカーフ、バッグを黄色で合わせると洗練された印象になります。
  • グレー+グリーン系グリーンを加えると柔らかく穏やかな印象が得られます。秋にはオリーブやカーキを、冬には深いグリーンを選ぶと良いでしょう。春には明るいグリーンが最適です。
  • グレー+パープル系パープルを取り入れることで、大人っぽく洗練されたスタイルになります。アクセントとしてパープルを加えることで、さらに魅力的なコーディネートが完成します。
  • グレー+ブルー系ブルーと組み合わせると、クールで知的な印象を与え、フォーマルからカジュアルまで多様なスタイルにマッチします。特にデニムとの相性は抜群です。
  • グレー+モノトーンモノトーンとの組み合わせは基本的ですが、アクセサリーを加えることで一層洗練された印象を与えることができます。デザインや素材にもこだわると良いでしょう。

これらのポイントを活かして、グレーの服をよりスタイリッシュに着こなしましょう。

自分の髪色にマッチする服の選び方

髪色に合う服を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

パーソナルカラーの理解

自分に似合う色を知ることは大切です。パーソナルカラーを把握すると、自分に合う服の色を簡単に見つけることができます。見た目に合わないと思われがちな色でも、適切な組み合わせを選べば、上手にコーディネートすることができます。

肌色や目の色を考慮する

全体のバランスを考えて、自分の肌や目の色に合った色を選ぶことが重要です。顔色を明るく見せる色を選ぶことで、全体の印象がぐっと良くなります。服を選ぶ際は、顔色が暗く見えないように、鏡でしっかりチェックしましょう。

全体の調和をチェックする

服と髪の色が互いにバランスよく合っているか確認します。全体の色合いに注意を払い、靴や小物も含めてトータルでコーディネートを考えることが洗練されたスタイルを作る鍵です。小さなアクセサリーを加えるだけで全体の印象が変わることもありますので、細かい部分にも目を向けましょう。

全ての服と調和する万能ヘアカラーとは?

どんな服装にも合わせやすい、いわゆる「万能」な髪色は存在するのでしょうか?実際に、様々なスタイルにマッチするヘアカラーが存在します。

特にアッシュカラーがその代表例です。この色はグレーに微妙なニュアンスが加わり、多様なバリエーションが展開されています。透明感のある自然な色合いから、艶のある仕上がりまで、試してみる価値があります。アッシュブラウンは特に幅広い服装に自然と馴染むため、多くの人に選ばれています。

また、季節を選ばずスタイリングしやすい点も魅力です。さらに、暗めのミルクティーベージュも推奨される色です。

この色は肌に馴染みやすく、どのような服装にも適合しやすいので、制服やビジネスシーンでも活躍します。メイクを変えるだけで、異なる印象を演出できるのも大きなメリットです。

どのパーソナルカラータイプにグレーの服が似合うのか?

グレーの服はイエベ(イエローベース)とブルベ(ブルーベース)のどちらのタイプにも適していますが、選ぶべきグレーのシェードは異なります。

イエベタイプには黄色やブラウンがかった暖かいグレーがおすすめで、ライトウォームグレーやウォームグレーが特に似合います。

一方、ブルベタイプにはブルーやチャコールを含む涼しげなグレーカラーが最適です。このタイプにはブルーグレーなどが良く似合います。

季節によって最適なグレーの色も変わります。スプリングタイプやオータムタイプは明るく暖色系のグレーが、サマータイプやウィンタータイプには濃くて冷たい色合いのグレーが適しています。

服の色を選ぶ際には、自分の顔映りをチェックして、顔色を暗く見せない色を選ぶことが重要です。

色選びを間違えると、服が地味に見えたり、老けた印象を与えることもあるため、自分のパーソナルカラーに合ったグレーを選ぶことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました