PR

男女別・日帰り温泉の必須持ち物11選【完全ガイド】

生活・文化

日帰り温泉で快適に過ごすための必需品をまとめた一覧です!男性と女性で必要なアイテムが異なることがあるので、お出かけ前にぜひこのリストをチェックしてください。何も忘れずに、出発する前に必要なものをすべてバッグに入れることをおすすめします。

日帰り温泉とスーパー銭湯の違いについて

日帰り温泉とスーパー銭湯はしばしば混同されることがありますが、これらは全く異なるタイプの施設です。日帰り温泉は、宿泊目的の温泉旅館が提供するサービスで、宿泊せずに温泉のみを楽しむために利用されます。

このような施設は、箱根や草津などの有名な温泉地に多く見られます。一方、スーパー銭湯は大型の公衆浴場として位置づけられ、多くが都市部にあります。宿泊が可能な施設もありますが、主に日帰りで入浴を楽しむことが目的です。

必携!日帰り温泉の持ち物リスト【男女共通】

日帰り温泉に行く際に必要な持ち物をご紹介します。これらは男性も女性も共通で必要なアイテムですので、準備を忘れずにしましょう。

バスタオル

入浴後に体を乾かすためにはバスタオルが必要です。自宅で使っているもので問題ありません。特に髪の長い女性は、髪を効率的に拭くために小さめのタオルを追加で持って行くと便利です。

温泉施設でのレンタルも可能ですが、約200円の費用がかかるため、自分のタオルを持参する方が経済的です。

フェイスタオル(手ぬぐい)

フェイスタオルは小さなタオルのことで、手ぬぐいとも呼ばれます。これは、体を洗う際や入浴後の体の水滴を拭き取るために必要です。多くの温泉施設ではボディスポンジを提供していないため、自分で持参すると安心です。

また、温泉を出た後、脱衣所に向かう間に床を濡らさないようにするため、浴場を出る前にフェイスタオルで体を拭くのがマナーとされています。

防水スパバッグ

日帰り温泉には濡れたバスタオルやフェイスタオル、替えの下着などを入れる防水スパバッグが非常に便利です。使用後のタオルが濡れているので、水に強いビニール製のバッグがおすすめです。

普段使っているスーパーのビニール袋でも大丈夫ですが、頻繁に温泉を利用する場合は、専用のスパバッグを購入するとより良いでしょう。

小銭(100円玉)

日帰り温泉の脱衣所にはコインロッカーが多く設置されています。これらのロッカーを利用するには100円玉が必要です。衣類や貴重品を安全に保管するため、事前に100円玉を準備しておくことがスムーズです。一部の施設には両替機がありますが、準備しておくと安心です。

予備の下着

日帰り温泉から帰宅する際には、新しい下着に着替えることをお勧めします。特にアクティブな活動をした日や、暑い時期には、汗で濡れた下着を再び着用するのは避けたいものです。快適に過ごすため、替えの下着を持参することを忘れないでください。

ヘアブラシ

短髪の男性やスキンヘッドの方を除き、ほとんどの人にとってヘアブラシは必要です。日帰り温泉施設には使い捨てのブラシが備えられていないことが多いため、髪を整えるために自分のヘアブラシを持参することが大切です。

ヘアスタイリング製品

温泉訪問で髪型が乱れることはよくあります。そのため、入浴後に髪を再び整えるためには、男女問わずヘアムースやジェルなどのスタイリング製品が必要になります。これらを用意しておくと、髪型をきれいに保つことができます。

化粧品とスキンケア

特に女性にとって、温泉後のメイク直しはとても重要です。温泉で落ちてしまったメイクを修正するためには、化粧水や乳液、その他必要な化粧品を揃えることが大切です。部分的にメイクが落ちた場合は、それを完全に落とすためのメイク落としも持参すると良いでしょう。

ヘアタイ

長い髪を持つ男性や女性は、温泉で髪が水に浸からないようにするため、ヘアタイやヘアバンドで髪をしっかりとまとめることが推奨されます。これは温泉でのマナーの一環でもあるため、忘れずに持参することが大切です。

パーソナルドライヤー

本文:古い温泉施設の中には、提供されているドライヤーが旧式で効率が悪く、髪の乾燥に時間がかかることがあります。効率よく髪を乾かしたい場合は、自宅から持参したドライヤーを使うと便利です。

個人用洗浄アイテム

多くの日帰り温泉施設ではシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが提供されていますが、すべての施設で提供されているわけではありません。訪れる前に施設のウェブサイトを確認するか、直接問い合わせてみると良いでしょう。

また、提供されている製品の品質に不満がある場合は、普段使っている製品を小容量ボトルに詰め替えて持参すると安心です。

まとめ

この記事では、日帰り温泉に持って行くべき持ち物について詳しく解説しました。

ただし、実際には多くの温泉施設でタオルや手ぬぐいのレンタルが可能で、シャンプーやボディーソープも用意されているため、手ぶらで訪れることも十分可能です。

しかし、レンタル料がかかることや、不意の不便を避けるためにも、必要なものは自分で持参するのがおすすめです。

特にシンプルに温泉を楽しむことを好む男性にとっては、これ以上の準備は必要ないかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました