PR

履歴書での学歴の記載はどこから始めるべき?

家庭・インテリア

履歴書に学歴を記載する際のスタートポイントについては、多くの人がどの段階から記入するかで悩むことがよくあります。小学校から記入すべきか、あるいは中学校から始めるべきか、明確な答えはありません。

就職活動、転職、アルバイトやパートタイムの仕事を求める際に役立つよう、学歴の記載に関する重要なポイントをわかりやすく説明します。

履歴書における学歴の記載開始点について

履歴書に学歴をどの段階から記載すべきかは、就職活動、転職、アルバイト、パートタイムジョブを探す際に頻繁に議論されるテーマです。小学校から詳細に記入するか、それとも中学校や高校からの簡略化した記述で足りるのか、その基準は実際にははっきりしていません。

具体的なルールが存在しないため、どの段階から記入しても問題はありません。実際に「履歴書 サンプル」で検索してみると、サンプルはさまざまであることが分かります。

履歴書での学歴記入の基本的な方法

履歴書に学歴を記入する際に役立つ、一般的に受け入れられているいくつかのガイドラインを紹介します。以下の三つの方法から選べば、どれを選んでも問題なく記入することができます。

学歴の記入方法その1:【中学校卒業】から記述開始

この方法では、履歴書の学歴欄に「○○中学校卒業」と記入し、それに続いて高校から大学に至るまでの学歴を順に記述します。これは最も一般的な方法とされています。

年/月/学歴・職歴

1996年/3月/横浜市立○○中学校卒業

1996年/4月/横浜市立○○高等学校入学

1999年/3月/横浜市立○○高等学校卒業

学歴の記入方法その2:【最終学歴の一つ前の学校】から記述開始

この方法では、もし最終学歴が大学卒業であれば、高校卒業を記載の起点とします。一方、最終学歴が高校卒業である場合は、中学校卒業を起点に記述します。このアプローチは大手就職情報サイトにも推奨されています。

学歴の記入方法その3:【小学校卒業】から記述

履歴書の学歴欄に余裕がある場合、小学校の卒業年度から記入を始めることができます。この方法を採用すると、「小学校から丁寧に記載している」と評価されることがありますが、これがマイナスに影響することはありません。

特に履歴書の内容が少ないと感じる場合には、この方法で空白部分を埋めるのに役立つでしょう。

履歴書での学歴記入のポイント

学校名は正式な名称で記入する

不適切な例:○○高校

適切な例:○○高等学校

大学名の記載時は「学部」と「学科」も明記する

不適切な例:○○大学入学

適切な例:○○大学○○学部○○学科入学

大学生の就職活動時は卒業予定年を記載する

適切な表現:「令和○年 ○○大学○○学部○○学科卒業見込」

就職活動をしている大学生は、履歴書に予定されている卒業年を「卒業見込」として詳しく記入することが必要です。

履歴書の学歴欄に入学と卒業年度を記載すべきか?

履歴書に学歴を記入する際は、通常、入学した年と卒業した年の両方を記述するのが一般的です。しかし、中学校などの義務教育については、卒業年度だけの記載で十分です。

例として

「平成○年 ○○中学校卒業」

と記述します。

これは中学校の卒業が義務教育の完了を示すためです。一方、高校以降の学歴では、入学年度と卒業年度を一緒に記載することが求められます。

例えば、

「平成○年 ○○高等学校入学」

「令和○年 ○○高等学校卒業」

という形で記述します。

履歴書で親近感を引き出す独自のアプローチ

履歴書を閲覧する際、たとえ初めて会う人でも、同じ地域出身や同じ学校の卒業生であると知れば、親近感が湧くことがよくあります。このような「共感」を得るためには、応募先の企業のリーダー(社長や面接官)の出身地や学歴を事前に調査することが効果的です。

もし面接官と同じ学校出身であることがわかった場合、通常は不要かもしれませんが、小学校や中学校の卒業年度も履歴書に記載することをおすすめします。これは面接官の関心を引くのに役立ちます。

また、名門私立中学校の卒業生や著名人を多く輩出している学校、海外の学校を卒業している場合などは、履歴書に記載することで印象をより強くすることができます。

履歴書の形式が重要視されるわけ

以前、知り合いが人事担当者に履歴書で最も注目する点を尋ねたところ、意外な回答が返ってきました。彼は学歴や職歴よりも、履歴書の「書き方」に重きを置いていると述べています。

履歴書が丁寧に書かれているか、誤字脱字がないか、印鑑が正しく押されているかなど、細かい点に注意を払い、それによって応募者の性格や態度を評価しているそうです。

この重視点は会社の規模や募集する職種によって異なることがありますが、履歴書を丁寧に作成することの重要性は変わりません。特にアルバイトやパートタイムの職に応募する場合、履歴書の書き方が応募者の人柄を反映し、選考において重要視されることが多いです。

履歴書の学歴記載における総括

履歴書に学歴をどの段階から記載するかについては、明確なルールや広く受け入れられた社会的な基準は存在しません。ただし、以下の三つの方法は一般的とされており、どれを選んでも問題はありません。

  1. 中学校卒業から記載する
  2. 最終学歴の一つ前の学校卒業から記載する
  3. 小学校卒業からすべてを記載する

履歴書を丁寧に記述するには、小学校卒業からすべての学歴を記載する方法が最も効果的であると言えます。この方法は、履歴書に詳細情報を提供し、その人の教育経歴を完全に把握するためのものです。

タイトルとURLをコピーしました